国際

  • 印刷
 14日、ジンバブエの首都ハラレの国立競技場に到着したムガベ前大統領のひつぎ(AP=共同)
拡大
 14日、ジンバブエの首都ハラレの国立競技場に到着したムガベ前大統領のひつぎ(AP=共同)

 【ナイロビ共同】6日に95歳で死去したジンバブエのムガベ前大統領の国葬が14日、首都ハラレの国立競技場で執り行われた。遺体は約1カ月後、1980年の独立に貢献した活動家らが眠る国立墓地に埋葬される予定。

 ムガベ氏は独立を率いた「英雄」と見なされる一方、37年間にわたって実権を握るなど強権体制が批判を浴び、評価が二分している。

 葬儀にはアフリカ各国から20人ほどの首脳・元首脳らが参列。ひつぎは赤や緑、黒、黄色のジンバブエ国旗に包まれ、競技場に担ぎ込まれた。場内は空席が目立った。

 12日には、ハラレ市内に安置された遺体を見ようと大勢の市民が殺到した。

国際の最新
もっと見る

天気(8月10日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

お知らせ