国際

  • 印刷
 14日、バチカンのサンピエトロ大聖堂で行われた音楽ミサで指揮をする西本智実さん(共同)
拡大
 14日、バチカンのサンピエトロ大聖堂で行われた音楽ミサで指揮をする西本智実さん(共同)

 【バチカン共同】指揮者の西本智実さん率いるイルミナートフィルハーモニーオーケストラと合唱団が14日、キリスト教カトリックの総本山バチカンのサンピエトロ大聖堂で行われる音楽ミサで演奏した。13日にローマ法王フランシスコの11月日本訪問が発表されたばかりで、日バチカンの一層の関係強化に期待が高まっている。

 ミサは、17日まで開かれる「バチカン国際音楽祭」の一環で、西本さんが同音楽祭に参加するのは7年連続。西本さんの曽祖母の出身地、長崎県平戸市・生月島で隠れキリシタンが伝承してきた祈り「オラショ」の起源となったグレゴリオ聖歌などを披露した。

国際の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ