国際

  • 印刷
 イスラエルのネタニヤフ首相(右)とトランプ米大統領が写った選挙の看板=8日、イスラエル・テルアビブ(AP=共同)
拡大
 イスラエルのネタニヤフ首相(右)とトランプ米大統領が写った選挙の看板=8日、イスラエル・テルアビブ(AP=共同)

 【エルサレム共同】イスラエル史上初となるやり直しの国会(定数120)選挙が17日投開票される。政策的論争は少なく、汚職疑惑を抱えるネタニヤフ首相の続投の是非が最大の焦点だ。選挙は同国最長の13年半も首相を務めるネタニヤフ氏の命運を左右し、イスラエルの針路に影響しそうだ。即日開票され、18日午後(日本時間同日夜)に大勢判明の見通し。

 世論調査によると、過半数を確保できている勢力はなく、最終盤まで大接戦が続いた。

 汚職疑惑を巡る検察の捜査が大詰めを迎える中、ネタニヤフ氏が続投できなければ起訴や裁判は不可避とみられ、政治生命を懸けた戦いとなる。

国際の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 22℃
  • 14℃
  • 80%

  • 23℃
  • 10℃
  • 90%

  • 23℃
  • 12℃
  • 80%

  • 21℃
  • 11℃
  • 80%

お知らせ