経済 経済 新商品

  • 印刷
 16日のニューヨーク証券取引所(ゲッティ=共同)
拡大
 16日のニューヨーク証券取引所(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】週明け16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は9営業日ぶりに反落し、前週末比142・70ドル安の2万7076・82ドルで取引を終えた。サウジアラビアの石油施設に対する攻撃を受け、世界経済の先行き不安から売りが優勢となった。

 ニューヨーク原油先物相場は急騰し、指標の米国産標準油種(WTI)の10月渡しが前週末比8・05ドル高の1バレル=62・90ドルと約4カ月ぶりの高値をつけた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は23・17ポイント安の8153・54。

 個別銘柄では、燃料費がかさむことが懸念された航空株の下落が目立った。

経済の最新
もっと見る

天気(10月15日)

  • 22℃
  • 18℃
  • 20%

  • 19℃
  • 15℃
  • 60%

  • 23℃
  • 17℃
  • 10%

  • 22℃
  • 17℃
  • 30%

お知らせ