社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 2011年3月の福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の勝俣恒久元会長(79)ら旧経営陣3被告の判決が19日、東京地裁(永渕健一裁判長)で言い渡される。検察官役の指定弁護士は禁錮5年を求刑。3人はいずれも「事故は防げなかった」と無罪を主張している。

 これまでに37回開かれた公判では、主に(1)第1原発の敷地の高さ(10メートル)を超える大津波を具体的に予測できたのか(2)対策を講じていれば、事故を防ぐことは可能だったのか-が争われた。

社会の最新
もっと見る

天気(10月18日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

  • 21℃
  • ---℃
  • 70%

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ