スポーツ

  • 印刷
 男子グレコローマン60キロ級決勝 ロシア選手(手前)と対戦する文田健一郎=ヌルスルタン(共同)
拡大
 男子グレコローマン60キロ級決勝 ロシア選手(手前)と対戦する文田健一郎=ヌルスルタン(共同)

 【ヌルスルタン(カザフスタン)共同】レスリングの東京五輪予選を兼ねた世界選手権第4日は17日、カザフスタンのヌルスルタンで行われ、男子グレコローマンスタイル60キロ級で五輪代表に決まった文田健一郎が決勝で昨年覇者のセルゲイ・エメリン(ロシア)を破り、2017年大会59キロ級以来2年ぶりに世界王者となった。グレコの日本勢で2度目の優勝は初めて。

 女子は53キロ級の向田真優が18日の決勝に進出してメダルを確定させ、日本協会の選考基準を満たして五輪代表に決まった。50キロ級の入江ゆきは3回戦で孫亜楠(中国)に12-13で屈し、東京五輪出場枠を逃した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月17日)

  • 23℃
  • 16℃
  • 30%

  • 22℃
  • 8℃
  • 20%

  • 22℃
  • 15℃
  • 40%

  • 21℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ