社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 コンビニでサプリメントを万引したとして窃盗罪に問われた元大阪府警警部の加藤明被告(54)に大阪地裁は18日、懲役1年2月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

 坂口裕俊裁判官は判決理由で、仕事のストレスにより、現実逃避のために転売目的で万引したと指摘。「店内を歩きながら商品をポケットに隠す一方、別の商品の支払いもして客を装っており、大胆で手慣れている」と述べた。

 弁護側は罰金刑を求めたが、坂口裁判官は職を辞するなど社会的制裁を受けていることを考慮した上で「当時は法令順守が求められる現職警察官で、執行猶予付きの懲役刑は免れない」とした。

社会の最新
もっと見る

天気(10月18日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

  • 21℃
  • ---℃
  • 70%

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ