社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 転覆した「第65慶栄丸」の船体の調査をする潜水士=18日午後、根室市の納沙布岬東方沖(第1管区海上保安本部提供)
拡大
 転覆した「第65慶栄丸」の船体の調査をする潜水士=18日午後、根室市の納沙布岬東方沖(第1管区海上保安本部提供)

 北海道根室市の納沙布岬沖東約610キロで大樹漁協(大樹町)所属のサンマ棒受け網漁船「第65慶栄丸」(29トン)が転覆しているのが見つかり、乗組員8人が安否不明になっている事故で、第1管区海上保安本部(小樽)の潜水士が18日、操舵室で心肺停止状態の男性1人を発見した。

 これに先立ち潜水士は約15分間、船底を外からたたいて確認したが、内部から反応はなかったという。1管は身元の確認を急ぐ。依然7人の安否が分かっていないが、海保は同日夕に同日の捜索を終えた。19日朝から再開する予定。

 運輸安全委員会は、大樹町に向け船舶事故調査官2人を派遣した。

社会の最新
もっと見る

天気(10月17日)

  • 23℃
  • 16℃
  • 30%

  • 22℃
  • 8℃
  • 20%

  • 22℃
  • 15℃
  • 40%

  • 21℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ