社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 実弾入りの拳銃を定められた保管庫ではなく個人ロッカーに保管したとして、京都府警が舞鶴署の20代男性巡査を本部長注意処分としていたことが19日、分かった。適切な点検を怠ったとして、上司の30代男性警部補も所属長注意とした。処分は5日付。

 監察官室によると、8月初旬、巡査は勤務明けに、保管庫ではなく制服などをしまう個人ロッカーに誤って拳銃を入れて帰宅。府警の内規では警部補が拳銃の出入庫を確認し、保管カードに日時を記し印鑑を押すことになっていたが、規則が形骸化し巡査が自らカードを記入していたという。

 2日後の勤務交代時に巡査の拳銃が保管庫にないことが判明した。

社会の最新
もっと見る

天気(10月16日)

  • 23℃
  • 15℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 24℃
  • 13℃
  • 0%

  • 23℃
  • 12℃
  • 10%

お知らせ