スポーツ

  • 印刷
 1回、右前打を放ち、長嶋茂雄が樹立した新人最多安打のセ・リーグ記録を更新し、一塁上で記念のボードを手にする阪神・近本=甲子園
拡大
 1回、右前打を放ち、長嶋茂雄が樹立した新人最多安打のセ・リーグ記録を更新し、一塁上で記念のボードを手にする阪神・近本=甲子園

 阪神のルーキー近本光司外野手(24)が19日、甲子園球場で行われたヤクルト最終戦の一回に右前に運んで今季154安打とし、1958年の長嶋茂雄(巨人)と153安打で並んでいた新人最多安打のセ・リーグ記録を更新した。プロ野球記録は56年の佐々木信也(高橋)の180。

 近本は兵庫・社高から関学大、大阪ガスを経てドラフト1位で阪神に入団。巧みな打撃と俊足を武器に中堅の定位置を勝ち取り、18日までにリーグトップの34盗塁をマークしている。

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月15日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 50%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ