国際

  • 印刷
 19日、米ワシントン近郊の国防総省で記者会見する米統合参謀本部のライダー報道官(右)と国防総省のホフマン報道官(共同)
拡大
 19日、米ワシントン近郊の国防総省で記者会見する米統合参謀本部のライダー報道官(右)と国防総省のホフマン報道官(共同)

 【ワシントン共同】米統合参謀本部のライダー報道官は19日の記者会見で、サウジアラビアの石油施設攻撃を受け、中東などの地域を管轄する米中央軍とサウジが将来の攻撃に備え、防衛強化に向けた対応を協議していると明らかにした。

 一方、イランのザリフ外相は米CNNテレビのインタビューで、米国やサウジがイランを軍事攻撃した場合は「全面戦争になる」と警告した。

 ライダー氏は記者会見で「将来的な攻撃を軽減する方策について協議している」と説明。サウジの北方に位置するイランを念頭に、サウジ北部での対応について話し合っていると述べた。

国際の最新
もっと見る

天気(10月15日)

  • 22℃
  • 18℃
  • 20%

  • 19℃
  • 15℃
  • 60%

  • 23℃
  • 17℃
  • 10%

  • 22℃
  • 17℃
  • 30%

お知らせ