社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 東京地検は20日、捜査目的と偽って他人の個人情報を入手したなどとして、同地検総務部の検察事務官を懲戒免職処分とし、虚偽公文書作成・同行使と強要の罪で在宅起訴した。

 在宅起訴されたのは菅野秀一被告(48)=東京都千代田区。起訴状によると、被告は同地検交通部に所属していた2015年4月、知人が金を貸した相手とその親族の住所などを調べようと考え、虚偽の捜査関係事項照会書を作成。2人の住民票や戸籍の謄本などを照会したとしている。

 東京地検は、当時交通部の上司だった検察官2人を注意した。斎藤隆博次席検事は「極めて遺憾。国民に深くおわびする」と謝罪した。

社会の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 25℃
  • 22℃
  • 70%

  • 22℃
  • 18℃
  • 70%

  • 26℃
  • 21℃
  • 70%

  • 25℃
  • 20℃
  • 80%

お知らせ