スポーツ

  • 印刷
 シングルス準々決勝でアナスタシア・パブリュチェンコワと対戦する土居美咲=ITC靱TC
拡大
 シングルス準々決勝でアナスタシア・パブリュチェンコワと対戦する土居美咲=ITC靱TC

 女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン第5日は20日、大阪市のITC靱TCで行われ、雨の影響でシングルス準々決勝の大坂なおみ(日清食品)-ユリア・プティンツェワ(カザフスタン)は21日に順延となった。

 土居美咲(ミキハウス)はアナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)と対戦し、第1セットの第2ゲームを終えて土居が0-2とリードを許したところで中断、約4時間半後に順延が決まった。21日は第3ゲームから再開される。

 土居と日比野菜緒(ブラス)が組んで臨む予定だったダブルス準決勝も順延された。

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月14日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 40%

  • 22℃
  • ---℃
  • 30%

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ