スポーツ

  • 印刷
 杉山晋輔駐米大使(左)と握手する米プロバスケットボールNBA、ウィザーズの八村塁選手=20日、ワシントンの大使公邸(代表撮影・共同)
拡大
 杉山晋輔駐米大使(左)と握手する米プロバスケットボールNBA、ウィザーズの八村塁選手=20日、ワシントンの大使公邸(代表撮影・共同)

 【ワシントン共同】米プロバスケットボールNBA、ウィザーズに所属する八村塁選手は20日、チームの本拠地がある米首都ワシントンの駐米日本大使公邸を訪れ、杉山晋輔大使を表敬した。八村選手は10月の開幕戦を前に「これからのジャーニー(旅)がすごく楽しみだ」と語った。

 八村選手は杉山氏との会談で「ウィザーズは素晴らしいチームで、大使館もあるのでワシントンには縁を感じている」と述べた。

 杉山氏は「全ての日本人が誇りに思っており、楽しみにしている。米国で最も人気があるトップ選手になると確信している」と激励した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月16日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ