生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 米西部ネバダ州の「エリア51」近くでシュプレヒコールを上げる人々=20日(AP=共同)
拡大
 米西部ネバダ州の「エリア51」近くでシュプレヒコールを上げる人々=20日(AP=共同)

 【ロサンゼルス共同】未確認飛行物体(UFO)の研究が行われているとうわさされる米西部ネバダ州の空軍施設「エリア51」に突入しようとインターネットで呼び掛けがあり、施設前に20日未明、約100人が集合した。参加者が気勢を上げるなどしたが、大きな混乱はなく終了した。米メディアが伝えた。

 呼び掛けた男性は「冗談」と強調していたが、180万人以上が参加を表明、130万人以上が「興味あり」と投稿する事態となり、米軍が「立ち入ろうとする者は誰であろうと阻止する」と警告、警戒を強めていた。

 エリア51は、冷戦時代に米軍がU2偵察機などの開発研究を行っていたとされる。

生活の最新
もっと見る

天気(10月15日)

  • 22℃
  • 18℃
  • 20%

  • 19℃
  • 15℃
  • 60%

  • 23℃
  • 17℃
  • 10%

  • 22℃
  • 17℃
  • 30%

お知らせ