スポーツ

  • 印刷
 男子フリー74キロ級3位決定戦で米国選手(左)に敗れた奥井真生=ヌルスルタン(共同)
拡大
 男子フリー74キロ級3位決定戦で米国選手(左)に敗れた奥井真生=ヌルスルタン(共同)

 【ヌルスルタン(カザフスタン)共同】レスリングの東京五輪予選を兼ねた世界選手権第8日は21日、カザフスタンのヌルスルタンで男子フリースタイルが行われ、五輪実施階級で74キロ級の奥井真生(自衛隊)は3位決定戦で2012年ロンドン五輪王者のジョーダン・バローズ(米国)に敗れ、日本協会の選考基準で五輪代表決定は持ち越された。5位までの五輪出場枠は獲得した。

 86キロ級の高谷惣亮(ALSOK)は3回戦でサンマリノ選手に屈し、97キロ級の赤熊猶弥(自衛隊)は初戦でカザフスタン選手に敗れ、ともに敗者復活戦に回れなかった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月14日)

  • 17℃
  • 15℃
  • 60%

  • 12℃
  • 10℃
  • 80%

  • 18℃
  • 15℃
  • 70%

  • 15℃
  • 13℃
  • 60%

お知らせ