生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 シャンボール城の前に立つ新宮晋さん。庭と水路に動く作品が配置されている=3日、フランス・シャンボール(共同)
拡大
 シャンボール城の前に立つ新宮晋さん。庭と水路に動く作品が配置されている=3日、フランス・シャンボール(共同)

 【シャンボール共同】レオナルド・ダビンチ没後500年を記念し、ゆかりのフランス中部ロワール地方にある世界遺産の有名古城シャンボール城で3日、世界的な造形作家新宮晋さん(82)の展覧会が6日から開かれるのを前にメディア向け内覧会が行われた。展覧会は来年3月15日まで。

 「現代のユートピア」と題した展覧会は、万能の天才ダビンチと新宮さんの夢想を共鳴させる企画として、風や水で動く立体作品を手掛ける新宮さんに城側が依頼した。

 新宮さんは城の周りの庭などに風で動く作品を配置。作品の黄色い帆が城の白さと木や芝の緑に映える。城内に光と影を用いて幻想的空間を作り出した。

生活の最新
もっと見る

天気(11月16日)

  • 18℃
  • 10℃
  • 20%

  • 20℃
  • 5℃
  • 40%

  • 19℃
  • 8℃
  • 10%

  • 19℃
  • 6℃
  • 20%

お知らせ