スポーツ

  • 印刷
 同大にサヨナラ勝ちで2000年秋以来の勝ち点2獲得と最下位脱出を決め、喜ぶ京大の選手たち=ほっともっと神戸
拡大
 同大にサヨナラ勝ちで2000年秋以来の勝ち点2獲得と最下位脱出を決め、喜ぶ京大の選手たち=ほっともっと神戸

 関西学生野球秋季リーグ第7節第2日は14日、神戸市のほっともっとフィールド神戸で2回戦2試合が行われ、京大が延長十回の末に同大に3-2でサヨナラ勝ちし、2連勝でいずれも2000年秋以来の勝ち点2獲得と最下位脱出を決めた。関大は近大に9-3で雪辱、1勝1敗とした。3回戦は22日に行われる。

 京大は0-1の八回に西の2ランで逆転。九回に追い付かれたが、延長十回に岩城の押し出し死球で決着をつけた。

 関大は0-2の八回に坂之下の逆転の2点適時二塁打など、7長短打を集めて9点を奪った。

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 60%

  • 17℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ