総合 総合 詳報

  • 印刷
 船戸雄大被告
拡大
 船戸雄大被告

 東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛ちゃん=当時(5)=を虐待し死なせたとして、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた父親雄大被告(34)の裁判員裁判で、東京地裁は15日、懲役13年(求刑懲役18年)の判決を言い渡した。「食事制限や暴力は、しつけという観点から懸け離れていた。自らの感情に任せた理不尽なものだった」とした。

 判決理由で守下実裁判長は、元妻優里被告(27)の意向に関係なく、雄大被告が一連の虐待を主導、単独で暴力を振るうなど悪質だったと認定。

 虐待の発覚を恐れて病院に連れて行かなかった点については「身勝手な保身目的」と非難した。

総合の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 22℃
  • ---℃
  • 80%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 21℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ