スポーツ

  • 印刷
 1次リーグのブラジル戦でボールを運ぶ池=東京体育館
拡大
 1次リーグのブラジル戦でボールを運ぶ池=東京体育館

 車いすラグビーの世界ランキング上位6チームなどが参加する国際大会のワールドチャレンジは16日、東京体育館で開幕して1次リーグが行われ、A組で世界2位の日本は同10位のブラジルに61-42で快勝した。

 日本は序盤、エース池崎(三菱商事)の連続得点でペースをつかみ、前半を33-22で折り返した。後半は高校2年の橋本(福島・田村高)らの活躍でリードを広げた。

 大会は8チームが2組に分かれて1次リーグを実施。各組上位2チームが19日の準決勝に進む。B組では前回リオデジャネイロ・パラリンピック覇者で世界1位のオーストラリアがニュージーランドを下した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 20%

  • 12℃
  • 9℃
  • 60%

  • 16℃
  • 13℃
  • 30%

  • 14℃
  • 11℃
  • 20%

お知らせ