社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 飼っていたインコを虐待したとして、動物愛護法違反の罪に問われた無職坂野嘉彦被告(34)の裁判で、名古屋簡裁(上杉誌朗裁判官)は18日、求刑通り罰金20万円の判決を言い渡した。

 坂野被告はインターネット上に虐待の様子を撮影した動画を投稿。愛鳥家らの相談を受けた愛知県警が7月に逮捕し、名古屋区検が同罪で起訴した。

 坂野被告は起訴内容を認め、検察側は公判で、被告が今年4月にペット禁止の寮でインコを飼い始めたが、鳴きやまないのに腹を立て、虐待に及んだと指摘した。

 起訴状によると、坂野被告は6月22日、インコ1羽にコンドームをかぶせ、棒を押しつけるなどした。

社会の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ