国際

  • 印刷
 バイクに乗って抗議するデモ隊=17日、レバノン・ベイルート(ロイター=共同)
拡大
 バイクに乗って抗議するデモ隊=17日、レバノン・ベイルート(ロイター=共同)

 【カイロ共同】中東レバノンからの報道によると、政府の経済政策に反対する大規模な抗議活動が17日行われ、多数の負傷者が出た。デモは全土に拡大、この数年では最大規模となった。政府はインターネットのアプリを通じた音声通話サービスへの新たな課税を導入する方針だったが、撤回に追い込まれた。

 首都ベイルートでは17日夜、抗議活動に参加した数千人が政府庁舎の近くに集まり、体制打倒を訴えた。空港などに通じる幹線道路も占拠し、通行できない状態となった。デモに絡んで火災が発生し、シリア人2人が死亡した。

国際の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 30%

  • 16℃
  • ---℃
  • 20%

  • 17℃
  • ---℃
  • 40%

  • 15℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ