スポーツ

  • 印刷
 男子ライフル3姿勢で11位の松本崇志=ドーハ(共同)
拡大
 男子ライフル3姿勢で11位の松本崇志=ドーハ(共同)
 女子クレー・スキートで16位の石原奈央子=ドーハ(共同)
拡大
 女子クレー・スキートで16位の石原奈央子=ドーハ(共同)
 石原奈央子
拡大
 石原奈央子

 【ドーハ共同】射撃のアジア選手権は10日、ドーハで行われ、クレー射撃のスキートでは、2016年リオデジャネイロ五輪代表の石原奈央子(古峯神社)が16位となり、2度目の五輪代表に決まった。男子は井川寛之(モダンビル管理)が18位で代表に決定した。クレー射撃は、出場枠を獲得した選手を代表とし、該当者なしの場合は今大会の成績上位者が代表権を得ることになっている。

 五輪最終選考会を兼ねるライフル3姿勢では、松本崇志(自衛隊)が日本勢最高の11位となり、初の五輪代表に決まった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 50%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ