国際

  • 印刷
 12日、パレスチナ自治区ガザからイスラエルに向けて発射されたロケット弾(ゲッティ=共同)
拡大
 12日、パレスチナ自治区ガザからイスラエルに向けて発射されたロケット弾(ゲッティ=共同)

 【エルサレム共同】イスラエル軍とパレスチナ自治区ガザの過激派「イスラム聖戦」による交戦は12日夜も続き、ガザの保健当局によると、これまでにイスラム聖戦のアブアタ司令官を含む10人が死亡、50人以上が負傷した。イスラム聖戦は「報復の続行」を強調。エジプトや国連が緊張緩和に向けた仲介を続けている。

 イスラエル軍によると、12日朝以降、ガザからイスラエルに向けて200発以上のロケット弾が発射され、大半を対空防衛システム「アイアンドーム」で撃墜した。軍は戦闘機や戦車で、イスラム聖戦の訓練施設や武器庫などを激しく攻撃。ここ数カ月では最悪規模の攻撃の応酬となった。

国際の最新
もっと見る

天気(12月10日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ