国際

  • 印刷
 13日、ワシントンのホワイトハウスで記者会見するトランプ米大統領(右)とトルコのエルドアン大統領(共同)
拡大
 13日、ワシントンのホワイトハウスで記者会見するトランプ米大統領(右)とトルコのエルドアン大統領(共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は13日、トルコのエルドアン大統領とホワイトハウスで会談した。米国が断念を求めているトルコによるロシア製地対空ミサイルの導入に関し、トランプ氏は会談後の共同記者会見で「とても深刻な課題」だと懸念を示した。直接会談でも溝は埋まらなかったもようだ。

 米国とトルコは北大西洋条約機構(NATO)加盟国。トルコが米軍撤収に乗じてシリア北部に侵攻したことなどで関係が悪化する中での直接会談となった。トランプ氏は会談冒頭、トルコと同国が敵視するクルド人勢力との停戦については「とてもよく維持されている」と評価した。

国際の最新
もっと見る

天気(12月7日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 11℃
  • 1℃
  • 30%

  • 10℃
  • 5℃
  • 30%

  • 10℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ