国際

  • 印刷
 15日、ソウルの大統領府で会談する文在寅大統領(右端)とエスパー米国防長官(左奥)(韓国大統領府提供=共同)
拡大
 15日、ソウルの大統領府で会談する文在寅大統領(右端)とエスパー米国防長官(左奥)(韓国大統領府提供=共同)

 【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は15日、エスパー米国防長官と大統領府で会談し、安全保障上の理由で韓国向けの輸出規制を強化した日本とは、軍事情報の共有が難しいとの認識を伝えた。大統領府が明らかにした。エスパー氏は韓国側に、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定を見直すよう求めていたが、日本の譲歩を前提とする韓国の立場の強固さが浮き彫りになった。

 協定は23日午前0時に失効が迫っている。エスパー氏は「この事案が円満に解決されるよう日本にも努力を要請する」と応じた。文氏は「韓米日の安保協力も重要で、継続して力を注いでいきたい」とも述べた。

国際の最新
もっと見る

天気(12月13日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ