社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 カルロス・ゴーン被告
拡大
 カルロス・ゴーン被告

 前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)を巡る事件は19日、東京地検特捜部による最初の逮捕から1年となり、地検は捜査の中心を担った検事を公判担当の部に配置し、来春にも始まる裁判に備える。一連の事件では逮捕や勾留、保釈判断の在り方にも注目が集まり、海外からは日本の刑事司法制度に対し「人質司法」との批判も出た。

 ゴーン被告は金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)と会社法違反(特別背任)の罪で起訴されている。弁護団によると、ほぼ毎日弁護士事務所を訪れ、裁判の準備を進めている。起訴された全事件で無罪を主張し、捜査の違法性も訴える予定だ。

社会の最新
もっと見る

天気(12月13日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ