生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 スーパーコンピューター「富岳」の試作機に搭載した中央演算処理装置(CPU)のイメージ(富士通提供)
拡大
 スーパーコンピューター「富岳」の試作機に搭載した中央演算処理装置(CPU)のイメージ(富士通提供)

 富士通と理化学研究所は18日、スーパーコンピューター「京」の後継となる「富岳」の試作機が、スパコンの省エネ性能のランキング「グリーン500」で世界1位になったと発表した。消費電力1ワット当たり毎秒168億回の計算を達成した。

 最新鋭の中央演算処理装置(CPU)を768個搭載し、装置間の通信を効率的にするソフトを開発したことが奏功した。試作機は静岡県沼津市にある富士通の工場に10月に設置した。

 富岳は理研の計算科学研究センター(神戸市)で8月に運用を終えた京の跡地に設置し、2021年ごろの運用開始を予定している。

科学・環境の最新
もっと見る

天気(12月11日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 10%

  • 18℃
  • 2℃
  • 20%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

  • 16℃
  • 3℃
  • 0%

お知らせ