社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 鉄パイプが落下したビル=19日午後、和歌山市
拡大
 鉄パイプが落下したビル=19日午後、和歌山市

 19日午前8時20分ごろ、和歌山市十三番丁30の12階建て雑居ビル屋上から約5キロの鉄パイプが落下し、通行人の大阪市中央区、銀行員板垣智之さん(26)の頭に当たった。搬送先の病院で死亡が確認された。

 和歌山西署によると、鉄パイプは長さ約1・5メートル、太さ約4・5センチ。足場の撤去作業中に落下した。同署が詳しい事故の原因を調べている。

 現場は南海電鉄和歌山市駅近くのオフィス街。

社会の最新
もっと見る

天気(12月11日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ