国際

  • 印刷

 【ロンドン共同】12月12日の英下院(定数650)総選挙を前に、ジョンソン首相は19日夜、選挙戦初の二大政党の党首によるテレビ討論に臨んだ。最大の争点の欧州連合(EU)離脱問題を巡り「来年1月末に確実に離脱する」との方針を改めて宣言。既に離脱条件でEUと合意しており「離脱の準備はできている」と強調した。

 各種世論調査によると、ジョンソン氏の率いる保守党が、最大野党の労働党を一貫してリードし、選挙戦を優位に進めている。労働党のコービン党首は政府方針を「ばかげている」と一蹴し、自らの離脱方針を基に国民投票で民意を問う考えを示し、対抗姿勢をあらわにした。

国際の最新
もっと見る

天気(7月4日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 80%

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ