国際

  • 印刷

 【ワシントン共同】米国務省のスティルウェル次官補(東アジア・太平洋担当)は2日、ワシントンのシンクタンクで講演し、日韓両国の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)が当面維持されることになったことを評価し「両国とも関係を立て直す重要性を理解している。米国は後押しを続ける」と述べ、関係改善が進むことへの期待感を表明した。

 一度は協定破棄を決めた韓国政府が土壇場で維持に転換した背景には、スティルウェル氏を含む米政府の強い圧力があったと指摘される。

国際の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ