スポーツ

  • 印刷

 【ローザンヌ(スイス)共同】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は4日、国際重量挙げ連盟(IWF)が9月に科した2年間の資格停止処分の撤回を求めたエジプト連盟の訴えを退けたと発表した。IWFは、複数のドーピング違反を受けてエジプト選手を除外した9月の世界選手権に続き、東京五輪も出場できないと明らかにした。

 重量挙げは相次ぐドーピング違反で東京五輪の出場選手数を大幅に削減され、IWFは過去の違反件数に応じて各国・地域の五輪出場枠を制限する予選方式を採用した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(8月8日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 25℃
  • 30%

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ