国際

  • 印刷
 批判が相次いだ米フィットネス事業会社のペロトン・インタラクティブのCMの一場面(同社提供、ロイター=共同)
拡大
 批判が相次いだ米フィットネス事業会社のペロトン・インタラクティブのCMの一場面(同社提供、ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米フィットネス事業会社のペロトン・インタラクティブが年末商戦向けに流したコマーシャルが物議を醸している。ソーシャルメディアで、女性が減量を強要されているように見えるとして「女性差別」と批判が相次ぎ、同社株は下落した。

 30秒のコマーシャルは、女性が男性からプレゼントで贈られたフィットネスバイクを使う様子を動画で1年間記録し、男性とその動画を見る内容。一部の視聴者は、女性が男性に支配されていると受け止めたもようだ。

 ペロトンは2012年に設立し、今年9月に上場した。フィットネスバイクの販売に加え、月額制のフィットネス教室の動画を配信している。

国際の最新
もっと見る

天気(1月30日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

  • 9℃
  • ---℃
  • 90%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 12℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ