国際

  • 印刷

 【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は5日、ソウルの大統領府で中国の王毅国務委員兼外相と会談した。文氏は「現在、朝鮮半島の完全な非核化に向けた過程が重大な岐路を迎えている」と強調。朝鮮半島での戦争を容認しないとする原則も挙げ、中国側の積極的な支援を要請した。王氏は平和的解決に向け、建設的な役割を果たす意思を表明した。

 韓国大統領府が会談内容を発表した。非核化を巡る米朝協議が停滞する中、北朝鮮が交渉期限とする年末に向けて米韓へのけん制を強めていることが背景にある。

 王氏は国際情勢について「強権政治の脅威を受けている」と述べた。米政権を念頭に置いたとみられる。

国際の最新
もっと見る

天気(8月8日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ