国際

  • 印刷
 アフガニスタンの首都カブールに向かうため、経由地の羽田空港に到着した中村哲医師の妻尚子さん(左)ら=5日午後9時40分
拡大
 アフガニスタンの首都カブールに向かうため、経由地の羽田空港に到着した中村哲医師の妻尚子さん(左)ら=5日午後9時40分

 アフガニスタンで福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」の現地代表で医師の中村哲さん(73)が殺害された事件で、同会事務局は、中村さんの妻尚子さん(66)と長女秋子さん(39)、現地の状況を知る会関係者の計5人が5日夜、福岡空港を出発し、羽田経由でアフガンの首都カブールに向かったと明らかにした。

 事務局によると、アラブ首長国連邦(UAE)を経由し、現地時間6日午後2時半(日本時間同7時)ごろ、カブールに到着。家族は遺体とともに日本時間9日午前に福岡空港へ戻る予定だ。

 福元満治広報担当理事は「現地の司法解剖は終わったようだ」と述べた。

国際の最新
もっと見る

天気(1月30日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

  • 9℃
  • ---℃
  • 90%

  • 13℃
  • 7℃
  • 30%

  • 12℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ