国際

  • 印刷
 殺害された医師中村哲さんのポスターの前に立つアフガニスタンの治安部隊要員。ポスターには「アフガニスタンは真の英雄を失った」と書かれている=5日、カブール(ロイター=共同)
拡大
 殺害された医師中村哲さんのポスターの前に立つアフガニスタンの治安部隊要員。ポスターには「アフガニスタンは真の英雄を失った」と書かれている=5日、カブール(ロイター=共同)

 【イスラマバード共同】国連アフガニスタン支援団(UNAMA)の山本忠通代表は5日、福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師中村哲さん(73)が殺害されたアフガン東部ナンガルハル州の治安について、過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討が進んだものの依然不安定な状況にあるとの見方を示した。

 ガニ大統領は11月、治安部隊や米軍の掃討作戦で同州のISを「壊滅」したと宣言。今月1日までの1カ月で戦闘員や家族ら千人以上が投降したが、ISが反発を強め、テロに及ぶ可能性も指摘されていた。

 山本代表はISについて「安心できる状況にはない」と語った。

国際の最新
もっと見る

天気(1月30日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

  • 9℃
  • ---℃
  • 90%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 12℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ