国際

  • 印刷
 5日、ロシア南部ソチで軍、防衛産業関係者との会合に臨むプーチン大統領(タス=共同)
拡大
 5日、ロシア南部ソチで軍、防衛産業関係者との会合に臨むプーチン大統領(タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は5日、2021年2月に期限が切れる米ロの新戦略兵器削減条約(新START)について、ロシアは「前提条件なしに年内にも延長(で合意)する用意がある」と述べ、米国に早期合意を呼び掛けた。南部ソチでの軍、防衛産業関係者との会合での発言をロシアメディアが伝えた。

 米ロ間に残された唯一の軍備管理・軍縮枠組みを維持する強い決意を表明し、態度を表明していないトランプ米政権に対し延長に応じるよう促した。

 プーチン氏は「新START延長に関するロシアの提案はテーブルの上にあるが、米国からは何の反応もない」と指摘した。

国際の最新
もっと見る

天気(1月30日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

  • 9℃
  • ---℃
  • 90%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 12℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ