社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 東名高速道路のあおり運転事故の控訴審判決を受け、記者会見する萩山嘉久さんの母文子さん(手前)=6日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ
拡大
 東名高速道路のあおり運転事故の控訴審判決を受け、記者会見する萩山嘉久さんの母文子さん(手前)=6日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

 2017年に萩山嘉久さん=当時(45)=夫婦が死亡した東名高速道路のあおり運転事故で、東京高裁は6日、無職石橋和歩被告(27)を懲役18年とした一審判決を破棄し、審理を差し戻した。萩山さんの母文子さん(79)は、判決後に東京都内で記者会見し「いつまでも刑が決まらず、歯がゆい。早くあの子たちにいい結果を報告したい」と語った。

 事故では三男嘉久さんと妻友香さん=当時(39)=が亡くなり、夫婦の娘2人もけがを負った。

 文子さんは「結論がそのままであれば」と願いながら法廷へ足を運んだが、高裁は危険運転致死傷罪の成立を認めた一方、改めて審理を尽くすべきだとした。

社会の最新
もっと見る

天気(8月14日)

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ