社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 東海道新幹線に試乗し、専用スペースで通路に大きくはみ出した、れいわ新選組の木村英子参院議員の車いす=1日
拡大
 東海道新幹線に試乗し、専用スペースで通路に大きくはみ出した、れいわ新選組の木村英子参院議員の車いす=1日

 車いすの人が新幹線を利用しやすい環境づくりに向け、赤羽一嘉国土交通相は6日、JR各社も交えた検討会の設置を表明した。れいわ新選組の木村英子参院議員が国会で「バリアー(障壁)がある」と訴えたことがきっかけ。車いす専用スペースは狭い上に事前予約が必要で、一つの列車に通常1、2カ所しかない。現状をどう改善できるかが焦点となる。

 専用スペースは乗車の1カ月~2日前に申し込む必要があることが多く、当日は一般客も予約できる状況になってしまう。利用者の乗り降りを手助けする駅員の手配などの準備が理由だ。

社会の最新
もっと見る

天気(10月1日)

  • 26℃
  • 20℃
  • 40%

  • 25℃
  • 17℃
  • 60%

  • 27℃
  • 20℃
  • 30%

  • 27℃
  • 19℃
  • 40%

お知らせ