社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 大阪府吹田市の吹田署千里山交番で6月、男性巡査(27)が包丁で刺され拳銃を奪われた事件で大阪地検は6日、強盗殺人未遂、銃刀法違反(加重所持など)、公務執行妨害の罪で飯森裕次郎容疑者(33)を起訴した。捜査関係者によると、約5カ月間鑑定留置された結果、統合失調症と診断された。公判では刑事責任能力の有無や動機が焦点になりそうだ。

 起訴状によると、6月16日午前5時40分ごろ、千里山交番の駐車場で古瀬鈴之佑巡査の左胸、左腕、両太ももなどを出刃包丁(刃渡り約16・8センチ)で多数回突き刺し、回転式拳銃を奪って職務を妨害し6カ月以上のけがを負わせたとしている。

社会の最新
もっと見る

天気(1月29日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 12℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ