総合 総合 詳報

  • 印刷

 【ウィーン共同】イラン核合意の当事国がウィーンで6日行った協議で、イラン核合意からの段階的な逸脱の第5弾として、国際原子力機関(IAEA)による査察受け入れの一部停止を警告した。欧州の経済支援を引き出すための脅しとみられ、来年1月上旬までに欧州側が対応できない場合、実施に踏み切る恐れがある。核合意は崩壊寸前に追い込まれており厳しい局面を迎えた。

 外交筋によると、英仏独は協議で国連の対イラン制裁復活につながる「紛争解決手続き」開始の可能性に言及。核合意の全面履行を求める英仏独と、米国の制裁の影響を緩和する支援の具体化を求めるイランが激しい応酬を繰り広げた。

総合の最新
もっと見る

天気(8月8日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 25℃
  • 30%

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ