総合 総合 詳報

  • 印刷
 6日、英イングランドで、テレビ党首討論に臨む保守党のジョンソン首相(右)と労働党のコービン党首(ゲッティ=共同)
拡大
 6日、英イングランドで、テレビ党首討論に臨む保守党のジョンソン首相(右)と労働党のコービン党首(ゲッティ=共同)

 【ロンドン共同】12日の英総選挙に向け、与党保守党を率いるジョンソン首相は6日、最大野党労働党のコービン党首とのテレビ党首討論に臨んだ。二大政党党首による投票前最後の対決。世論調査会社ユーガブによると、終了後の視聴者の反応は52%対48%でジョンソン氏が勝者と回答。欧州連合(EU)離脱問題などの舌戦を無難に終えたと評価された形だ。

 ユーガブによる争点ごとの調査では、離脱問題と治安対策でジョンソン氏が上回った一方、公的医療制度ではコービン氏に軍配が上がった。討論は会場の市民の質問に2人が答える形式だった。

総合の最新
もっと見る

天気(8月8日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 25℃
  • 30%

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ