総合 総合 詳報

  • 印刷
 男子で3連覇を果たしたネーサン・チェンのフリー=トリノ(共同)
拡大
 男子で3連覇を果たしたネーサン・チェンのフリー=トリノ(共同)
 男子フリーの演技を終えた羽生結弦=トリノ(共同)
拡大
 男子フリーの演技を終えた羽生結弦=トリノ(共同)

 【トリノ共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル最終日は7日、トリノで行われ、男子でショートプログラム(SP)2位の羽生結弦(ANA)はフリーも2位の194・00点となり、合計291・43点で2位だった。4連覇した2016年大会以来3年ぶりの出場だったが、男女を通じて史上初の5度目の頂点には届かなかった。

 ネーサン・チェン(米国)がSPに続いてフリーも1位の224・92点の合計335・30点で3連覇。4種類計5度の4回転ジャンプを決めたフリー、合計の得点で自身が持つ世界最高を更新した。ケビン・エイモズ(フランス)が合計275・63点で3位。

総合の最新
もっと見る

天気(1月24日)

  • 15℃
  • 10℃
  • 20%

  • 13℃
  • 8℃
  • 50%

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%