国際

  • 印刷
 ウクライナ疑惑を巡る弾劾手続きの公聴会で証言する民主党のゴールドマン氏=9日、ワシントン(ゲッティ=共同)
拡大
 ウクライナ疑惑を巡る弾劾手続きの公聴会で証言する民主党のゴールドマン氏=9日、ワシントン(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領のウクライナ疑惑を巡る弾劾手続きで、ワシントン・ポスト紙電子版は9日、野党民主党が起草する起訴状に相当する弾劾訴追状に、訴追の根拠として「権力乱用」と「議会妨害」の二つの条項を盛り込む見通しだと報じた。民主党下院指導部が10日に記者会見し発表する予定。週内にも下院司法委員会で訴追が採決される可能性が出ている。

 司法委は9日、公聴会を開催し、ナドラー委員長(民主党)がトランプ氏の行為は「明確に弾劾訴追に相当する」と表明。「トランプ氏は個人の利益を国益より優先し、選挙の公正さや民主制度への脅威となり続けている」と批判した。

国際の最新
もっと見る

天気(1月24日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ