社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 関西空港で押収された合成麻薬MDMA=10日
拡大
 関西空港で押収された合成麻薬MDMA=10日

 大阪府警関西空港署は10日までに、合成麻薬MDMA約9900錠(末端価格約3980万円相当)をスーツケースの底に隠して密輸したとして、麻薬取締法違反(営利目的輸入)の疑いで、ドイツ国籍の自称トラック運転手ヒルミャー・カイ容疑者(47)を逮捕した。11月17日付。

 署や大阪税関によると、オランダ・アムステルダムのスキポール空港から関空に到着した際、荷物量などを不審に思った税関職員がエックス線検査。スーツケースの底からポリ袋に入った大量のMDMAが見つかった。カラフルなラムネのような見た目で、通常1錠で1回分の使用量という。

社会の最新
もっと見る

天気(8月8日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ