社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 東京都練馬区の自宅で6月、長男=当時(44)=を刺殺したとして殺人罪に問われた元農林水産事務次官熊沢英昭被告(76)の裁判員裁判初公判は11日午後も東京地裁で続いた。被告の妻が証人出廷し、事件前の長男の言動におびえ、「本当に殺されると思った」と述べた。

 証言によると、東京・目白で1人暮らしをしていた長男は事件の1週間前に実家に戻り、その日は家族3人で穏やかに過ごした。

 しかし翌日、妻と2人になった時、長男は「お父さんはいいよね、何でも思い通りになって。それに比べて自分の人生は何なんだ」と机に突っ伏して泣いたという。

社会の最新
もっと見る

天気(1月18日)

  • 10℃
  • 7℃
  • 20%

  • 8℃
  • 4℃
  • 40%

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 9℃
  • 5℃
  • 30%

お知らせ