スポーツ

  • 印刷
 2次リーグ最終戦でルーマニアから初白星を挙げ、喜ぶ田辺(18)、永田し(28)、大山(25)、角南唯(4)、GK亀谷(30)ら=パークドーム熊本
拡大
 2次リーグ最終戦でルーマニアから初白星を挙げ、喜ぶ田辺(18)、永田し(28)、大山(25)、角南唯(4)、GK亀谷(30)ら=パークドーム熊本

 ハンドボール女子の世界選手権第11日は11日、熊本市のパークドーム熊本などで2次リーグ最終戦が行われ、2組で敗退が決まっている日本はルーマニアに37-20で快勝して初白星を挙げ、10位で大会を終えた。ルーマニアは5戦全敗。

 佐々木(北国銀行)が鋭いシュートを決めるなどして18-8で前半を折り返し、後半も角南唯(北国銀行)の得点などでリードを大きく広げた。

 同組では、準決勝進出を決めている2016年リオデジャネイロ五輪覇者のロシアがスペインに36-26で快勝し、5戦全勝とした。スペインは3勝1分け1敗。

スポーツの最新
もっと見る

天気(2月23日)

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 5℃
  • 40%

  • 13℃
  • 7℃
  • 10%

  • 11℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ