国際

  • 印刷
 12日、アルジェリアの首都アルジェで大統領選の投票に向かうテブン元首相(AP=共同)
拡大
 12日、アルジェリアの首都アルジェで大統領選の投票に向かうテブン元首相(AP=共同)

 【アルジェ共同】反政府デモでブーテフリカ長期政権が崩壊し、12日に政変後初の大統領選が行われた北アフリカのアルジェリアで、選挙管理委員会は13日、アブデルマジド・テブン元首相(74)が約6割を得票し勝利したと発表した。任期は5年。

 軍部中心の強権体制に反発しているデモ隊は、テブン氏も含めた5候補がいずれも既存の体制側だとして大統領選ボイコットを求め、投票日も大規模デモを実施。テブン氏は旧政権の閣僚や首脳を歴任しており、デモが継続する可能性が高い。

 選管によると、投票率は約40%と低迷。得票率はテブン氏が58%、続く野党候補のベングリナ氏は17%だった。

国際の最新
もっと見る

天気(8月8日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 25℃
  • 30%

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ