総合 総合 詳報

  • 印刷

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者ら45人が殺傷された事件の裁判員裁判で、殺人罪などで起訴された元施設職員植松聖被告(29)の弁護側が、薬物性精神障害による心神喪失状態だったとして無罪主張することが13日、関係者への取材で分かった。

 横浜地裁(青沼潔裁判長)は同日、公判前整理手続きが終了し、来年1月の公判では、刑事責任能力の有無などが争点となるとした。関係者によると、弁護側は、薬物性精神障害の影響で事件当時、善悪を判断する能力が失われていたと訴える方針。

 植松被告は事件前に措置入院した際、「大麻精神病」と診断された。

総合の最新
もっと見る

天気(2月23日)

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 5℃
  • 40%

  • 13℃
  • 7℃
  • 10%

  • 11℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ