スポーツ

  • 印刷
 冬巡業で稽古する白鵬(左)。右は阿炎=沖縄県うるま市
拡大
 冬巡業で稽古する白鵬(左)。右は阿炎=沖縄県うるま市

 大相撲の冬巡業は14日、沖縄県うるま市で行われ、11月の九州場所で43度目の優勝を果たした横綱白鵬や、同場所で11勝を挙げた小結朝乃山が充実の調整ぶりを示した。

 白鵬は小結阿炎に4戦全勝。稽古時間の関係で番数は少なかったが、腰がよく下りた右四つでの攻めを披露。初場所(来年1月12日初日・両国国技館)での2連覇を見据え「今年はけがと付き合いながら、2回優勝できた。だけど、けががなかったら、もっとできたと思う。来年は走りたい」と意欲十分に語った。

 この巡業ではインフルエンザ感染者が続出し、けがで休場をしている力士を含めて幕内は10人以上が不在となった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 29℃
  • 21℃
  • 20%

  • 26℃
  • 16℃
  • 10%

  • 27℃
  • 20℃
  • 30%

  • 29℃
  • 19℃
  • 30%

お知らせ